TOP > NEWS > 展示会レポート⑨「サロン・デュ・ショコラ」

展示会レポート⑨「サロン・デュ・ショコラ」
February 4, 2010

 

世界各国、珠玉のショコラが一堂に集結するフェスティバルが、
東京は新宿・伊勢丹新宿本店にて開催されました。

年に一度、東京で開催されるチョコレートの祭典。

世界中からあらゆるショコラが集まるだけでなく、
M.O.F(フランス国家最高職人)ショコラティエや
パティシエが来場することでも注目を集めているイベントなんです^^


ショコラのみならず、職人まで来日するなんて!
チョコ好きとしてはスルーできませんっ。
さっそくレポート開始です!

 

A.jpgB.jpg

C.jpg

今回のテーマ「オペラ」をもとに制作されたショコラのオブジェたち。
パティシエそれぞれの世界観が垣間見れるような作品

 

会場内はイベントを心待ちに来場した女性たちで熱気むんむん。
彼女たちをかきわけて場内に進むと……
有名パテシィエがそこかしこにいます~!

パティシエは商品をPRしたり、ファンにサインをしたりと忙しそう。
大変そうだけど、彼らと直に話せる機会なんてまずないので、私も突撃~っ。

D.jpg
サインを名前入りで☆感激


パリを拠点に活躍しているパティシエ、
アオキ サダハル氏のボンボンショコラをゲット。

クレヨンのようなカラフルな外見はもとより、中身も素晴らしい~☆

コーヒーやカシス、キャラメルなどのフレーバーのほかに、
和の食材も上手く取り入れているんです。


なかでも柚子味とわさび味がエクセレント! 


柚子は香り高く、わさびはカカオのまろやかな甘さと
独特の辛みがベストマッチ。不思議と合うんですよね~♪

ミーハーな私は青木氏にサインも頂いちゃいました!(やったー)


アオキ氏に
「パリにいて日本人と感じる時は?」と聞くと

「パリにいる瞬間から日本人だよ。
僕はパリにいる時のほうが日本人だと感じます。
フランス人も優しくしてくれるしね。
ゲタなんか履いちゃったりして! ハハハ」

と、ユーモアたっぷりに答えてくださいました!


続いて“コンフィチュールの妖精”の愛称を持つ、
フランス人のクリスティーヌ・フェルベール氏のブースへ。


E.jpg
いちじくのジャム(手前)/ルバーブのジャム(後ろ)


同フェスティバル用にショコラも販売していたようですが、
それは残念ながら売り切れ(涙)


でも、ショコラもいいけどやっぱ彼女の真骨頂を味わうべきじゃ? 

というわけで、ジャムを2瓶お買いあげ~。

後ほど彼女と話をする時間をいただきました。

「ジャムを作るうえで大切なことは?」と質問すると


「よい食材を使うこと」
「作る時間をたっぷりとること」
「(食材を)煮すぎないこと」

と、至極まっとうなアンサーで。

でも、基本をおろそかにしないことがいかに大事か、
ということを改めて気付かされた瞬間でもありました☆ 


大勢のファンがサインを待っているにもかかわらず、
慌てず、たおやかに、おおらかに、
1つひとつ心をこめてサインをする様子も
彼女の答えを象徴しているようでした^^


そのほか、フランス・ブルターニュの塩キャラメルで有名なアンリ・ルルー氏や
フランスで注目されているジャック・ジュナン氏など、
そうそうたる顔ぶれが来日し、2月1日に閉幕。

なんとも華やかなイベントでありました。


今後は日本の各地を巡回予定とのこと。
詳しくは伊勢丹のホームページをチェックしてね。

次回もお楽しみに!

[新宿伊勢丹]
住所:東京都新宿区新宿3-14-1
電話番号:03-3352-1111(大代表)
店舗URL:
http://www.isetan.co.jp
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/chocola/index.jsp
定休日:無休

※現在、新宿伊勢丹での同イベントの開催は終了しています


Blog from snazg.

RANDOM SNAP

具志堅 美優那
金田駿佑
曽根真智子
名古屋敦司
LONDON(左)久保田直美(右)
上野眞奈美
上野雄大
安晝真妃
横田弘明
里見親美
小石有華
浦上穣
西山萌子
西尾麻衣子
赤川奈穂
岩瀬千春
森山枝里子
大月康裕
水澤奈津美
池上裕佑
とも
トウミヤマサユキ
加藤淳子
平山ニコラス
三口理花
石橋愛子
米原昌美
金子夏季
小村美佳
コウダイ
伊川絵里加
宮川和大
重田恵子
中山拓也
福井瑛一
トーマス
白井泰子
今谷健三
松田奈々
タナカコウヘイ