ファッショニスタの自己顕示欲を刺激する

ストリートスナップサイトsnazz(スナッズ)トップページ

  • スナップ数 632
  • 店舗数   326店舗

TOP > BLOG >

Blogブログ

長編映画における小休憩は、非常にありがたい。
October 28, 2009

昨日の「NEWS」でも取り上げていますが、今日から『THIS IS IT』が公開されます。なんでも、同名のライブのリハーサル映像を中心に構成されているようですが、正直、リアルタイムでマイケルを見てきたわけではないので、自分の中ではスルーかなと…。

それよりも、楽しみで仕方ないのが先週末に封切りされた『沈まぬ太陽』。日航機墜落事故をベースとした小説の、まさかの実写化なわけですが、ハードカバー5冊分の超長編をいかに濃縮還元しているのかが見物です。なんせ、全5巻読み終わるまで半年かかりましたからね。

気になる(?)上映時間は3時間22分。制作サイドとしては、前編・後編のよくある策を提案したものの、原作の山崎豊子氏が一話完結を固持したそう。ナイス。しかも、上映の途中で10分間の小休憩があるとか。ナイス。映画鑑賞には割高の生ビール(大)が欠かせない自分としては、非常に助かります。たいがい上映10分ほどで飲み干し、30分頃には尿意をもよおしてトイレに駆け込みますから。中盤あたりの睡眠も含め、最初から最後まで観切ったことないかも。山崎豊子氏や制作側がビール党の習性を考慮してくれたかどうかは知りませんが、自分にとっては非常にありがたい計らいです。休憩の間に、もう一杯割高ビールが買えますしね。次の休みが待ち遠しいです。

編集H

ストリートスナップやお店をキーワードから探す

ブログを探す