ファッショニスタの自己顕示欲を刺激する

ストリートスナップサイトsnazz(スナッズ)トップページ

  • スナップ数 632
  • 店舗数   326店舗

TOP > BLOG > BLOG > 秋の夜長に...

Blogブログ

秋の夜長に...
September 10, 2010

jazz.jpg

みなさん、いかがお過ごしですか?
制作部Fです。

寝苦しい夜も
台風一過のおかげか
涼しくなってまいりました。

もう、すっかり秋ですねえ…
(また暑さが戻るかも知れませんが…)

秋といえば
いろんなものに挑戦できて
充実した日々を過ごすのに
うってつけの季節です。

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋
いろんな秋がございますが
独断と偏見で
「芸術の秋」でこじつけてJAZZのお話を少し。

JAZZって敷居が高い印象がございますが。
そんな事はござーせん。
皆さんが良く耳にする曲が
JAZZのスタンダードナンバーは多いのです。

ということで、今回は
「秋」にまつわる(?)
JAZZのスタンダードナンバーをご紹介。

iTunes Storeで検索して視聴してみてくださいね。
気に入ったら「購入」ボタンをぽちっと…(笑)

●Fly Me to the Moon(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)
日本語訳すると「私を月に連れて行って」というとてもロマンチックな曲です。
1960年代、アポロ計画の真っ只中の時期にアメリカ合衆国で大ヒットしたという超有名曲。
ちなみに、あの国民的テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の
エンディングテーマだったと言えば、ピンと来る人もいるのでは…。
中秋の名月を眺めながら聴くのもいいかもしれません。

●Autumn Leaves(枯葉)
もともとフランス生まれのシャンソン。ジャズでも多く歌われるようになりました。
秋になるとあちこちのライブで必ず演奏されるといっても過言ではありません。

●On The Sunny Side Of The Street(オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート)
「日なたに出て歩こうよ」という大変楽しい曲。
夏だとうだってしまいますが、秋ならぽかぽかして気持ちいいですね。
1930年代の不景気のアメリカで生まれた曲。
「これまでは日陰を歩いてきたけれど、これからは陽の当たる側を歩いて行こうよ」と
励ましてくれているようです。
NHK朝の連続ドラ「純情きらり」でもしばしば流れていました。

と、まあ、こんな感じです。
多少こじつけではございますが…

これから、夜も長くなってきますので、
一杯ひっかけながら聴くのが楽しみです。

うっしっし。

ストリートスナップやお店をキーワードから探す

ブログを探す